♦︎けものの妖精-創作百合(GL)

ケモ系人外なジェンダーレス女子と中性ガールズラブをテーマに創作しています

ろーどしす

💎出演💎

みどうです

むらきだ


いきなり始まるガチ百合です。






みどうはロードシス反射という言葉を知り、
それが実際どんなものか気になってしまい、
むらきで試すことにした。

みど「むらき、突然ですが...ロードーシス反射って知っていますか?」

むら「あぁ? 知らないねぇ。」

みど「ロードーシス反射です。では、むらき。試してみても良いでしょうか?」

むら「試す...?どうやってだい?」

みど「ではいきますよ。」

みどうはむらきの後ろに周り、尻尾の付け根あたりを触る

むら「ふあぁッ、ちょっ!何するんだっ!」

みど「これは...少し反応しているのでしょうか」

みどうはさわさわとなぞるように触り続けている

むら「ああっ...?みどうっ...なんだこれは...ッ」

むらきの背中が反り始めてきた

みど「素晴らしい...。これがロードーシス。反応が強くなってきましたね。もっと続けましょうか。」

むら「はあっ...!?ああっ...はっ(なんだこれ...体が勝手に反り返って動けなくなる...頭が真っ白になる...)」

みど「むらき...かわいい。美しいですね...。」

みどうは夢中になりむらきの尻尾の付け根から腰全体、背筋まで触り続ける。

むら「はあっ...!はあっ...ううっ...み、みど、やめ、やめ...て...ッ」

みど「? どうしましたか?やめますか。」

みどうは手を離した

むら「はぁ.....はぁ...苦しいんだよ...」

みど「苦しいんですか?」

むら「あんたね...ずっと後ろに反ってたら呼吸できないだろ...っ」

みど「なるほど、それで呼吸が荒くなっていたのですね。失礼しました。
でもかわいかったです。苦しい以外には何かありましたか?」

むら「かわ!?あんた頭おかしいの...?」

みど「いいから、質問に答えて。」

むら「えぇ...いや、体が勝手に反って動けなくなるんだよ...無意識だ。やろうとしてやったんじゃない。」

みど「ええ。無意識なのはわかります。その時の感覚を教えて。」

むら「か、感覚ってなんだよ...気になるなら自分でやりなよ...。」

みど「自分で触っても何も起きません。むらき、顔赤くなっていましたし、ただ苦しいだけとは思えませんが...」

むら「く、苦しくなったら誰だって顔赤くなるだろッ。」

みど「うーん、そうですか。それじゃあ...」

みどうはまたむらきの後ろを触り始めた

むらき「うああッ!!ああっ...だめ...ッあっ...ああっ...ッ!」

むらきはまた背中を反らした

みど「今度は一気に反りましたね。感覚が覚醒されて敏感になったのでしょうか。」

むら「ああっ...!?そんなっ...わけないっ...!」

みど「そういえば...」

みどうはあることに気づいて手を止める

みど「むらき?背中反るのて同時に、お尻も突き出してませんか?特に今、すごいです...」

むら「うげっ...!?してない!無意識だっ!」

みど「ふふ...ロードーシス反射は、背中が反ってしまうのと同時に、オスを受け入れる体制になるようですよ。」

むら「や、やめてくれッ!あたしはオスなんか受け入れないから!」

みど「オスではなくても...今相手は私なのですから、むらきは私を受け入れたい。ということになります。」

むら「....!」

みど「むらきさん?私にお尻向けて、どうしたのですか?」

むら「あんた、こういうのか狙いか...?」

みど「嫌だったら逃げるのも簡単ですよね?こうしてる今も。逃げない、ということは私に何かして欲しいことでもありますか?」

むら「...(何も言えない)」

むらきは、触られている時の感覚は悔しくも、嫌なものではなかった。むしろ...

みど「むらき、顔赤い。少し目も潤んでいますね。少し追い込みすぎましたね。ぎゅっ...」

不意の抱擁にむらきは驚いた

むら「え...!? なんだ急に...」

みど「私はむらきが大好きなんです。いつも、好きで好きで仕方ありません。なので、詰め寄りすぎてしまいます。
制御しているつもりなのですが、どうしても抑えられないのです...。」

むら「...ああ。そうかい。でも、どうしてこんなあたしがいいのかは理解できないけどね。」

みど「むらきは魅力的すぎるのです。」

むら「いや、魅力とかないって。」

みど「むらき、認めないならまた強引にあれこれしちゃいますよ?」

むら「ええっ、やめてくれ..!」

みど「むらき、ダメですか?」

むら「な、何がだい...?」

みど「ですから...お返事を...」

むら「う...いや、答えられない。ただ、好きなのはいいが、そのうち後悔するぞ(すぐ冷めるだろう)」

みど「ふふ、好きなのはいいんですね。私は後悔なんてしませんよ?むらきが振り向いてくれるまで、諦めませんから。」

むら「な...っ」

みど「むらき、さっきのロードシスの続き、しましょうか?」

むら「つ、続き...!?試して結果がわかったんだからもういいだろうっ!?」

みど「はい。ロードシス反射の結果はわかりましたが、その、続きがしたいのです。」

むら「あんた...頭大丈夫か...」

みど「ええ。頭は正常です。他の子にはこんなことしませんし言いませんよ。」

むら「...っ」

みど「はぁ...仕方ありませんね。今日はここまでにします。おあずけがあった方がいいですし。」

むら「おあずけって何だよそれ」

みど「ではまた。」

みどうは少し微笑みながら軽く会釈をし、
綺麗な尻尾をなびかせながら去っていった

むら「....っ、やばい...どうしよ」


ふふふ、やっぱりかわいいですね、むらき。

かわいくないからっ!って、まだいたのかい

💎follow me !💎

獣の妖精 - にほんブログ村
*********************************
当創作は女作者の趣味による女の子らしさの固定観念に捕らわれない、
美しいケモノになりたい願望、ジェンダーフリーで女性差別反対、
女のままでありながら、女性的要素を出しすぎず媚びない気品。
そして女性同性愛(百合・GL)をコンセプトにしています。


百合・ガールズラブランキング

|ホーム|サイト概要|プライバシーポリシー|お問い合わせ|
Copyright (c)2006-2021 けものの妖精 All Rights Reserved.
*********************************